ダンスの練習法を比較してみた

様々な練習法

ダンスの練習法には色んなものがある、例えば一番ポピュラーなものが、ストリートで大きなガラスの前で複数のダンサーが練習している姿を目にしたことがある人もいると思う。こういった練習を続けることで、ダンスの技術を磨くのだが、ストリートのダンスではどうしても自分だけのもの(自己流、我流)になってしまう傾向にある。
そこで、練習法としてはダンススクールに通って基礎を身につけるといった方法がある。ストリートの違いを簡単に言うなら道場稽古と自主錬といった違いになるのではないだろうか。

 

しかし、このダンススクールにも1つのデメリットがある。それは教えてくれる講師のレベル、またはスタイルで学ぶことが出来るダンスの種類や表現も違ってくるといったことだ。
講師の質が違えば、そこで学ぶことが出来る知識も違ってくるのは勉強をする上で当然のことだが、これはダンスの練習法でも同じだと思う。

 

そこで、比較をしなくてはならなのは、自分で練習する方法と、スクールに通って練習する方法。いったいどちらの方法が自分に適した練習法なのか決める必要がある。

 

そのためには、この2つの練習法のメリットとデメリットについて知っておく必要があり、また、自分で練習する場合には、どういった技法やお手本を使って練習をするのか方向性をキチンともっておく必要がある。